プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

ロングテール研究所
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
             
ロングテール研究所では、採り上げる作品を以下の様にロングテール度とお奨め度の二つの指標で紹介しています。お奨めでない作品は、基本的に取り上げないつもりです。

ロングテール度:★(誰もが知っている)、★★(殆どの人が聞いたことがある)、★★★(聞いた事があるような・・・)、★★★★(知っている人はめったにいない)、★★★★★(誰も知らない)  ・・・サンプルはこちら

お奨め度:★(もしご興味があれば)、★★(お奨め、でも人によっては・・・?)、★★★(観る価値あります)、★★★★(機会があれば是非!)、★★★★★(探してでも観て!)


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダメージ」 リーガル・ミステリーのミニシリーズ
グレン・クローズ主演のミニシリーズ「ダメージ」は、アメリカ司法会を舞台にしたTVミニシリーズです。
全13話ですが、観始めるとわりと後を引きますので、できれば一気に観たいところです。

主人公のエレン・パーソンズが半裸、血まみれの状態で高級アパートから逃げ出すところから物語りは始まります。エレンは警察に保護されますが、間もなく、自宅で殺されていた婚約者殺害の嫌疑を掛けられ逮捕されます。

この瞬間を0時刻として、物語は過去や未来に忙しく飛び回り、観客の好奇心を上手に刺激していきます。ミステリーとしてとても面白い作りになっています。

主要な物語は、0時刻の六ヶ月前、エレンが凄腕女弁護士パティ・ヒューズ(グレン・クローズ)の法律事務所に新人弁護士として採用されるところからスタートします。ちょうどその時、ヒューズ法律事務所は、大富豪フロビシャーを相手どった大規模な損害賠償訴訟案件のまっただなか。エレンもスタッフとしてこの案件に組み入れられます。有名な法律事務所に採用され、婚約者と結婚も間近で幸せの絶頂にいたエレンですが、彼女の運命はこの時を頂点に坂を転がり落ちるように悲惨な道をたどるのです。

魑魅魍魎が跋扈する巨額訴訟案件。無垢なエレンは否応無しに、その世界に巻き込まれて行きます。そしてなによりも、身方であるはずの上司jのパティ・ヒューズという女弁護士が、目的のためならどんな汚い手でも平気で使うというとんでもない人物だったのです。

「24」や「LOST」など、アメリカのテレビシリーズに人気が集まっています。どれも、芸術性はともかく、ストーリーテリングが優れていると共に、映像表現的にもなかなか凝った作りで、面白いものが多いと思います。元気がいいと言う意味では、ハリウッドの映画をしのいでいるかもしれません。

「ダメージ」は、グレン・クローズをはじめ、フロビシャー役のテッド・ダンソン、クセの強い敵方の弁護士レイ・フィスク役のジェリコ・イヴァネスクなど、なかなかクサイ役者ぞろいで、米国法曹界の魑魅魍魎ぶりが描かれ、楽しめると思います。主役のエレンが喰われてしまうのは、しかたのないことかもしれません。

どんでん返しの連続は、ミステリー好きの人には、楽しめるのではないでしょうか。

ロングテール度:★★
お奨め度:★★★




スポンサーサイト
臭わない靴下
以前、このブログで「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を紹介しました。クレヨンしんちゃんと言えば、しんちゃんのパパ、ひろしの足が臭いというギャクが定番です。「オトナ帝国の逆襲」でも、このギャグが効果的に使われていました。

オトナ帝国の陰謀で子供に帰ってしまったヒロシ(パパ)とみさえ(ママ)。しんちゃんやひまわりの事はすっかり忘れてしまいます。なんとかパパとママを助けようとしたしんちゃんは、パパの靴を取り上げると、パパの鼻にむりやり押し当てます。その強烈な臭いが、全てを忘れていたひろしの記憶を呼び戻すのです。ここからがこの映画の白眉ともいうべき名場面。子供の付き添いで映画館に来ていた親たちを号泣させた場面です。

靴下の臭いに気が遠くなったひろしは、子供時代を回想します。父のこぐ自転車の後ろに乗って釣りに行った想い出。自転車を押して通った通学路。女の子と二人で歩いた川沿いの道。夜行電車に乗って上京した東京駅。新入社員時代。深夜の残業。お得意に叱られた事。みさえとの出会い。そして結婚。しんちゃんが生れた日に病院に駆けつけたこと。新しい家の庭。会社から帰ったひろしを迎えるしんちゃんとひまわり。二人は足の臭さに大笑い。しんちゃんとひまわりと三人で入るお風呂・・・・・・。

音楽に乗って坦々と進む回想シーン。台詞はいっさいありません。いつしかお父さんたちは、ひろしの回想に自分の半生を重ね合わせてしまい、家族のいる幸せをついついかみしめてしまいます。このシーンには、わたしもすっかりやられました。(*なぜかこのシーンでやられるのはお父さんばかりで、女の人にはあまり効果がないらしいです)

cora_w180.gif


前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介するのは、「ブリーズブロンズらくぴた靴下」。ブリーズブロンズとは、体臭、加齢臭、足の臭いなど、あらゆる臭いを急速に分解する繊維だそうです。とくに、あのツンと鼻をつく嫌な臭いを分解してくれます。実際に体験してみましたところ、非常にいい感じでした。一日靴を履きっぱなしでも、ほとんど臭いが残りません。とくに、宴会などで靴を脱がなければならない日には、この靴下なら安心です。しんちゃんのパパも、この靴下さえあれば、足の臭いに悩む事もなくなりそうです。

今後は、靴下だけでなく、下着や介護製品などにも展開していくそうです。以前、こどもが腕を折ってひと夏、ギブスを捲いていたことがありました。そのときも、腕に捲いたギブスが臭くて可愛相に思いました。もしかすると、こんなところにも将来応用できるのかもしれません。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。