プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

ロングテール研究所
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
             
ロングテール研究所では、採り上げる作品を以下の様にロングテール度とお奨め度の二つの指標で紹介しています。お奨めでない作品は、基本的に取り上げないつもりです。

ロングテール度:★(誰もが知っている)、★★(殆どの人が聞いたことがある)、★★★(聞いた事があるような・・・)、★★★★(知っている人はめったにいない)、★★★★★(誰も知らない)  ・・・サンプルはこちら

お奨め度:★(もしご興味があれば)、★★(お奨め、でも人によっては・・・?)、★★★(観る価値あります)、★★★★(機会があれば是非!)、★★★★★(探してでも観て!)


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライフ・イズ・ビューティフル」と悪の凡庸さ
ロベルト・ベニーニの「ライフ・イズ・ビューティフル」を見終わったときの感想を説明するのは難しい。
この映画の美しさに涙し、感動したのも事実だが、同時になんともいいようのないざらりとした引っかかりを感じたのもまた事実なのだ。この気持ちをどう整理していいのか分からず、あれこれ考えているのだが、まだ納得のいく答えは得られていない。

ロベルト・ベニーニ扮する主人公グイドは、チャップリンの主人公を髣髴とさせるような自由人。まるで子供がそのまま大人になったような、何事にも縛られない自由な魂の美しさをそのまま体現したような人物です。やがて彼は家族ともどもナチスのホロコーストに巻き込まれる。しかし、グイドの自由な魂は、ユーモアと想像力を武器に強力なファンタジーを作りだすことによって、残酷な現実から愛する家族を守ってゆく。彼の作り出すファンタジーが、ホロコーストの現実を圧倒していくところが見所で、感動をよびます。

この映画はコメディの形態をとっていて、後半になるとひとつのファンタジーとしてホロコーストを扱っています。このことに対して、ベニーニはホロコーストという歴史をメタファーに変えているという批判があることを後で知りました。なるほど、たしかにこの批判は当を得ているように思います。被害者も加害者もまだ生存していて、総括の終わっていないホロコーストをメタファーとして一般化してしまうのは、作家として批判を受けてもしかたないことなのかもしれません。

しかし、この映画のホロコーストの扱い方の中で、もっと評価してよい点があることにも気づきました。

映画の意味を探求するには、物語の中の「破綻」や「ひっかかり」を見つけるのがコツです。では、「ライフ・イズ・ビューティフル」の中のひっかかりとは何でしょうか?

それはこの映画の登場人物の一覧表を良く見ると見えてくると思います。一覧表の中にひとりだけ、この映画の中に存在するはずのない、存在してはならない人物が隠れているのです。その登場人物とは誰か?

コメディとして始まり、どんな悲惨な現実も明るさとユーモアとバイタリティで圧倒し、そこに感動が生れる「ライフ・イズ・ビューティフル」。この映画の中でホロコーストの悲惨な現実は、あくまでファンタジーの背景、メタファーに過ぎません。ですからどんなに残酷な場面が出てきても、ファンタジーの繭に包まれた私たち観客は安全な地帯に退避されています。ナチスの毒ガスもマシンガンも我々を脅かすことはできません。

ところが登場人物の中に一人だけ、いとも簡単にこのお約束を破って、ファンタジーの繭を切り裂いて私たちの咽元を脅かすとんでもない人物が交じっているのです。

もう種明かしをしますね。その人物とは、グイドに「先生」と呼ばれるドイツ人の医者です。この「先生」ほどとんでもない人物を私は見た事がありません。

「先生」は映画の中に二度登場します。はじめて登場したとき、「先生」はグイドがウェイターとして働くレストランの常連客です。知的で紳士的な「先生」は、なぜかクイズのマニアで、グイドと互いにクイズを出し合ったりします。客とウェイターという立場を超えて、彼らふたりの間にはたしかな友情と尊敬が育まれていることがわかります。

映画後半になって「先生」はもう一度画面に姿を現します。このときもグイドと先生はウェイターと客という立場ですが、ここでは「先生」はナチスの制服を着ているのです。グイドとの友情で、「先生」は影響力を行使して囚人のグイドをナチスのパーティーのウェイターに抜擢するのです。グイドにとって「先生」は、収容所生活の中に差し込んだ唯一の希望でした。なんとか「先生」の力で自分たち家族の命を救って貰いたい。グイドは当然、そう期待します。

ナチスのパーティーのさなか、「先生」はグイドに秘密裏に「重要な話し」があるといい、自分からの合図をまてと伝えます。先生からの合図でそっと近くによりそい、「重要な話」に真剣に耳を傾けるグイド。しかし「先生」から伝えられた「重要な話し」とは、なんと「クイズの答えが分からない」ということだったのです。

この「先生」が画面に現れる二度の場面、グイドを取巻く世界の状況は天国と地獄ほど変わっているのに、「先生」だけは何も変わっていない。グイドやその家族の悲劇など、所詮は他人ごとなのです。グイドに妻が居る事にすら「先生」は何の関心も寄せません。「先生」にとってのグイドとの友情はクイズ友達以外の何物でもないのです。この「先生」の無関心さ、想像力の欠如には慄然とさせるものがあります。事実、どんな悲惨な状況をもユーモアと想像力で克服してきたグイドでさえ、「先生」を前にしてはただ呆然と口を開けることしかできません。ナチスの暴力や銃にも動じなかったグイドが、想像力の欠如した「先生」という怪物の前には、手も足も出せませんでした。こんな人物に、どうやって自分の妻と子供を、石鹸とボタンにされてしまう恐怖を伝えろというのでしょう。

この「先生」こそ、「イェルサレムのアイヒマン」でハンナ・アーレントが指摘した「悪の凡庸さ」を体現した人物です。ナチスの根幹にある「悪」そのものです。ナチスのホロコーストの中に巨悪を見出そうとして果たせなかったアーレントが、代わりに見つけたのが我々ひとりひとりの中にある凡庸な悪でした。現実に起っている事から眼をそらし、想像力を抑え、常に判断を保留してしまう怠惰な私たち。私たちの中の凡庸な悪の総体こそが、ナチズムのような巨悪の正体であることを、ベニーニは「先生」を通じて訴えかけていると私には思えるのです。

「ライフ・イズ・ビューティフル」は、愛すべき映画です。とくに前半のコメディタッチの明るい場面が私は大好きです。自由なグイドとやがて妻となるドーラとのラブストーリーは、これが永遠に続いてくれたらと思えるほどチャーミングでおかしく、素敵でした。



スポンサーサイト
「レッドドラゴン」 レクター博士が登場する最初の事件
「レッドドラゴン」は、トマス・ハリスの原作、はじめてハンニバル・レクター博士が人々の前に登場したミステリーです。この作品を原作とした映画は二本あり、一つはマイケル・マン監督の「刑事グラハム 凍りついた欲望」、もう一つがブレット・ラトナー監督の「レッドドラゴン」です。後者は有名ですが、前者はほとんど知られていないと思います。

まず前者ですが、「刑事グラハム」というタイトルからして脱力です。まず主人公の名前はグラハムではなくグレアム。そして刑事ではなく、FBIの特別調査官(捜査官ではない)という二重のミスをおかしています。このタイトルを付けた日本の配給会社、この作品を売ろうという気がまったくなかった事がわかります。「刑事グラハム」が公開されたのが、「羊たちの沈黙」が公開される四年前にあたる1988年である事を考えるとしかたないかもしれません。当時、この映画に脇役で出てくるレクター博士なる人物(登場シーンは短い)が、これほどの有名人になるとは誰も思わなかったにちがいありません。

とはいえ、この「刑事グラハム」は、それほど悪い作品ではありません。地味ではありますが、この特異な作品をうまく映画化していると思います。

対して、「レッドドラゴン」は2003年の作品。アンソニー・ホプキンスのレクター博士で売り出そうとしているのが見え見えです。原作小説と比べても、レクター博士の出番が倍くらい大きくなっています。

ですが、この作品では、グレアム役にエドワード・ノートン、犯人のダラハイド役にレイフ・ファインズというクセのある俳優を揃えることで、レクター以外のドラマの部分もそれなりに良く出来ています。内容は原作にほぼ忠実で、長い原作を巧く整理してまとめていることが分かります。ラストシーンが原作とは少し異なりますが、ひねりを効かせた分、原作よりも面白いエンディングになったと思います。

私がトマス・ハリス原作の「レッドドラゴン」を読んだのは、1985年ごろだと思います。日本で原作の翻訳がハードカバーで出たときに読みました。やはり、脇役であるレクター博士の存在感が圧倒的で、作品全体の印象はうすれても、ハンニバル・レクターはよく憶えていました。

作品全体としてはというと、あまり印象に残ってはいませんでした。それだけに「羊たちに沈黙」があれだけヒットしたのには、意外な思いが強かったです。「レッドドラゴン」「羊たちの沈黙」というと、異常心理物の代表作のように言われるのですが、なぜこの作品だけが特別に取り上げられるのかという疑問も少し感じます。異常者による連続殺人事件を捜査官が追跡するという図式では、ローレンス・サンダースの「魔性の殺人」というすごい傑作があるのに、こちらは話題にもならないで絶版になってしまうというのにも疑問を感じます。

とはいえ、「レッドドラゴン」「羊たちの沈黙」までなら、映画、小説ともに満足のいく作品ではないかと思っています。

ロングテール度:★★
お奨め度:★★



* 「刑事グラハム」は、「レクター博士の沈黙」という題でDVD化されています。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)



「冷たい方程式」 SFの古典的名作
トム・ゴドウィンの「冷たい方程式」は、SFの古典的傑作短編小説です。SF好きの人なら、おそらく知らない人はいないでしょう。私は、ミステリー小説ファンなのですが、SF小説は興味はあるものの苦手です。名作といわれているSF小説を読んでも、何が面白いのかさっぱり分からなかったり、何よりも独特の世界観についていけない事が多いのです。実は、私のような人は結構多いんじゃないかな、とも思っています。SFが、映画では人気ジャンルなのにもかかわらず、小説だと普及しない原因は、こんなところにあるんじゃないかとも思っています。ですが、この「冷たい方程式」は、SFでありながら、そんなジャンルの壁を突き抜ける面白さを持った作品なのです。

ストーリーは単純です。片道ギリギリの燃料しか積んでいない宇宙船に、少女が密航者として紛れ込む。少女一人分の重量のせいで、このままの航行は不可能。たったひとつの解決は、ただちに少女を宇宙空間に船外投棄すること。さあ、あなたならこの方程式をどう解くか!


[READ MORE...]
「新解さんの謎」 爆笑必至!
今回は少し毛色が変わったところで、赤瀬川源平の「新解さんの謎」。

新解さんとは、三省堂「新明解国語辞典」のこと。この辞典の摩訶不思議な世界に踏み込んで爆笑必至です。わたしはうっかり通勤電車の中で読んでひどい眼にあいました。笑いをこらえるのに必死で、顔は真っ赤、肩はぶるぶる、涙ぼろぼろです。この本を開くのは、周りに人が居ない事を確認してからにしましょう。

ロングテール度:★★
お奨め度:★★★★

SM嬢と著書のやりとりも面白いが、なによりも「自己主張のある」「攻めの」辞書、「新明解国語辞典」の深遠さに感動を覚えます。「世の中を醒めた眼でみる」「数字にこだわる」「歪んだ女性観をもつ」新解さん。少しひもといてみましょう。

【恋愛】
特定の異性に特別な感情をいだいて、二人だけで一緒にいたい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。

そーだなあ、恋愛。うーん、ちょっとみもふたもない感じもするが。だいたい辞書のクセにここまで言い切らなきゃいかんのか?

【世の中】
同時代に属する広域を、複雑な人間模様が織り成すものととらえた語。愛し合う人と憎み合う人、成功者と失意・不遇の人とが構造上同居し、常に矛盾に満ちながら、一方には持ちつ持たれつの関係にある世間。

世の中という語にここまでの意味をこめられる新解さんは凄い。

【動物園】
生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕えて来た多くの鳥獣・魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀なくし、飼い殺しにする、人間中心の施設。

なにか動物園にいやな思い出でもあるんでしょうか。心配になります。

【国賊】
体制に対する叛乱を企てたり国家の大方針と反対したりする、いけない奴。

いけない奴!動物園にはきびしい新開さんも、なぜか国賊には優しい。




にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

「悪魔のいけにえ」 今や古典の風格のゲテモノ映画
やっぱりそう来たか、と思われたでしょうか。トビー・フーパー監督、「悪魔のいけにえ」です。

この映画が公開されたのは1974年。この年の洋画は、「燃えよドラゴン」、「エクソシスト」、「エマニュエル夫人」などの話題作が目白押しで、その陰に隠れてひっそり公開されたB級映画です。公開当時はヒットしたわけでもありません。当時、わたしが観たときは、三本立ての中の一本としてでした。ちなみに他の二本は、「ハイクライム」と「マジェスティック」。今となっては存在すら消えてしまった映画です。「悪魔のいけにえ」は、すっかり有名な作品になってしまいましたが、公開当時に見ている人は少ないのではないかと思います。

内容はいまさら言うまでもありません。よくぞここまで残虐でグロテスクなシーンを詰め込んだものだと思うような映画です。またグロテスクなだけでなく、生理的にちょっとといったシーンもあります。例えば、殺人者に追われて逃げ込んだ部屋がなぜか鶏の羽根だらけで、逃げ込んだ拍子にその羽根が部屋中に舞い散るところなんか、観ていてウッと来てしまいます。

一見、ありえなさそうな話なのですが、全編に奇妙なリアリティがあって、なんだか現実の記録映画を見せられたような感じがします。出ている人たちも、犠牲者たちも殺人者たちも併せて、俳優なのか素人(で本当にその世界の人なのか)分からない感じです。他の映画で見かけたこともないし、何者だったんでしょうか。特に、映画の冒頭でヒッチハイカーをしていた、長髪で自分の手のひらをナイフで切り裂いて喜んでいた危ない奴なんか、とうてい俳優とは思えませんが。

この映画の独自性は、健全でないこと、だと思います。残虐性やグロテスクで、この映画以上の作品はいくらでもあると思います。「悪魔のいけにえ」が他の作品から際立っている点は、残虐さにあるのではなく、まさに不健全さにあるのではないでしょうか。観てしまった後、これはまずいものを観てしまった、観なければ良かったと後悔させる点。ついに俺も一線を越えてしまったなあと観たものに思わせる点において傑出した作品だと思います。

だから、この映画を観たとき、監督のトビー・フーパーってやつは、おそらくとんでもない奴に違いないと思いました。監督なんかやっているけど、本当は犯罪者で、そのうちシャロン・テート事件みたいなのを起こすに違いないとか信じていました。俳優もあわせて犯罪者のお仲間で、それがどういうわけか映画なんかを作ってしまったのだと思いました。それが、数年後にはスピルバーグと組んで、「ポルターガイスト」みたいな健全な娯楽大作をつくったりするもんだから、はあ~、何なんだよと力が脱けたものです。

奇妙な運命のめぐりあわせで、すっかりメジャーになってしまたこのゲテモノ映画。思えば、アメリカン・ニューシネマ終焉のあの時代の空気を湛えた、70年代を代表する一本なのかもしれません。

ロングテール度:★★
お奨め度:★★★★



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


テーマ:B級映画 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。