プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

ロングテール研究所
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
             
ロングテール研究所では、採り上げる作品を以下の様にロングテール度とお奨め度の二つの指標で紹介しています。お奨めでない作品は、基本的に取り上げないつもりです。

ロングテール度:★(誰もが知っている)、★★(殆どの人が聞いたことがある)、★★★(聞いた事があるような・・・)、★★★★(知っている人はめったにいない)、★★★★★(誰も知らない)  ・・・サンプルはこちら

お奨め度:★(もしご興味があれば)、★★(お奨め、でも人によっては・・・?)、★★★(観る価値あります)、★★★★(機会があれば是非!)、★★★★★(探してでも観て!)


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オリエント急行殺人事件」 豪華絢爛の映像絵巻
アガサ・クリスティの有名な原作を映画化した「オリエント急行殺人事件」。最近、DVDで初めて観ました。

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★

私はクリスティの小説が好きではないので、この映画も公開当時から存在は良く知っていたんですが、どうしても興味が湧かなくて観る気がしませんでした。どうもクリスティって、イギリスのお金持ちの貴族階級の間の浮世離れしたお話っていう感じで、しかも本格推理って、結末の謎解きまでひたすら関係者の話を探偵が聞き回るだけで、とにかく退屈っていうイメージが強かったのです。

そのうえ、原作小説を読んでいないにも係わらず、私は結末(種明かし)を知っていたのです。この原作小説は、本格推理における意外な犯人の一例として有名なのです。こうなっては、原作にも映画にも興味が湧くはずがありません。

でも、この映画を観た感想は、非常に面白かった。結末のネタがばれていた事なんて、小さな事でした。ちょっと他では観られないようなオールスターキャストに加え、舞台となるオリエント急行を始め、小道具や衣装など、とにかく豪華。思いっきり贅沢なフランス料理を腹いっぱい食べたような満足感を得られます。若い頃に見ていたら、これほど愉しめなかったかもしれません。

冒頭の有名スターが次々と登場しオリエント急行に乗り込むシーン、東ヨーロッパの田園風景を走るオリエント急行の映像など、贅沢な気分にひたりながら映画の中に入り込む愉しさに満ちています。ポワロを演じるアルバート・フィニーの、ちょっとやりすぎ感もある演技も愉快だし、アカデミー賞を受賞したイングリッド・バーグマンの演技も面白い。ジャクリーン・ビセットはとてもきれいです。その他、枚挙にいとまがありませんが、隅から隅まで名優に支えられている安心感はただ事ではありません。

ハリウッドの豪華な劇場を貸し切ったプレミア・ショーに、有名人たちが次々にリムジンで乗りつける。そんな環境で上映されるのがぴったりの映画だと思います。

意外だったのは、この映画の監督が社会派のシドニー・ルメットだったところ。もっとも脂の乗り切った時期の作品で、この映画の前後では、「セルピコ」や「狼たちの午後」を撮っています。ルメットの作風からいって、全然見当はずれとも思える娯楽作品ですが、見事に豪華なフルコースを料理しています。



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)



スポンサーサイト
「渚にて」 静かに訪れる人類最後の日
ネビル・シュートの「渚にて」。SF小説の古典です。グレゴリー・ペック主演で映画化もされています。
この小説の存在は、中学の頃から知っていましたが、今になってようやく読んだものです。

ロングテール度:★★★
お奨め度:★

いわゆる人類破滅物のSFです。SFのベストテンなどにも選ばれるような有名な小説ですね。ですが、その読後の味わいは、ふつうに言われるSFとはかなり異なるのではないでしょうか。すくなくとも、私にはかなり意外感がありました。

この小説がユニークなのは、破滅物のSFといわれて想像するような場面がいっさいないことです。パニックもなければ、大騒ぎもない。普通のSFだったら派手な見せ場となるようなシーンがいっさいありません。物語はつねに坦々と日常生活を追うだけです。オーストラリアのメルボルンに生き残った人々は、やがて最期の日が来る事が分かっていても、とりたてて怯える事もなく、日常の生活を静かに続けようとします。自分が見る事はないと分かっていても、来年咲く花を場に植え、手入れを続ける主婦。フェラーリでの自動車レースに打ち込む科学者など、全ての登場人物が覚悟をもって、最期の日までの残された日々を過ごそうとします。声高に嘆きの声を上げるものなど皆無なのです。

それだけに最期の日を迎えるシーンが、静かな感動を呼ぶのでしょう。赤ちゃんを囲んで最期の時を迎えようとする夫婦や、恋人の乗る潜水艦を静かに見送る女性のシーンなどは、つい涙ぐんでしまいます。

優れた小説ではあるのですが、現代の読者からすると、この何も起らない破滅小説は退屈を感じるというのも事実だと思うのですがどうでしょうか。正直、私は読んでいて、もうすぐ何かが起るはずだという期待を何度も感じていました。そして、最期のページまで残り少なくなってはじめて、ああ、これはそういう小説だったんだと思いました。

「渚にて」という題名が好きです。中学の頃から、こんな題名のSF小説ってどんな内容だろうとずっと思っていました。




にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


「隣の家の少女」 読んだらきっと後悔します!
ジャック・ケッチャムの代表作。「隣の家の少女」

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★

お奨め度が★四つだからといって、うかつに手を出さないでくださいね。読んだら絶対後悔します。請合います。本当は★五つでもいいんですが、そんな意味で一つマイナスしました(そんなのばっかり!)。

アマゾンの読者の書評欄などを見ると、あれだけ警告されているにも係わらずこの本に手を出してしまった人たちの慟哭の声が連なっています。まさに死屍累々ですね。

ジャック・ケッチャム。読んだのは三作だけですが、どれも素晴らしいです。スティーブン・キングと同じくらい素晴らしい小説です。(だけど、書いていい事と悪い事がありますよね、たぶん)内容が内容だけに、次から次へとうかつに手を出せない作家です。まだ読んでいない作品はたくさんあるので、その意味ではうれしいんですが、読むときは心して掛からねばなりません。

また、扶桑社ミステリー文庫の表紙が素晴らしいです。この作品といい、「オフシーズン」といい、あの表紙をみて、(あと「隣の家の少女」という題名をみて)誰がこの内容を想像するでしょうか?だけど、読み終った後で、しげしげとこのシンプルで物悲しいデザインの表紙を見てみると、なんだかしっくりくるので不思議です。あの「オフシーズン」でさえ、なんとも美しい表紙が映えて見えるのですよね。

「隣の家の少女」を読んだときから、ほんとうは誰かにこの本を読ませてみたくてしかたないのです。そしてその人がどうなるのか観察してみたい。さすがに出来ませんけどね。読書好きの友人に、何にも言わずにこの本を薦めたらどうなるでしょうか。次に会った時、口きいてもらえるか心配です。

巻末に、スティーブン・キングの長い解説が付いています。あいかららず、やや饒舌に、興奮気味にケッチャムのすばらしさ(キングの言うところの素晴らしさです、あくまでも)を訴えています。ジャック・ケッチャムといい、ジム・トンプソンといい、キングのほめる作品は凄いのが多いです。そしてとっても毒があって、悪趣味です。わたしは大好きですが・・・。



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


「時計じかけのオレンジ」 悪夢のポップアート

icon
icon
スタンリー・キューブリック監督の時計じかけのオレンジ
icon

左のポスターを見ても分かるとおり、モダンで斬新なデザインと映像が全編を貫いています。これまで観たどんなものとも似ていない独自の映像。こんな映画があったのかと、はじめて観た時は、興奮し本当にびっくりしました。

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★★



[READ MORE...]
「デッドゾーン」 超能力者の哀しい運命
スティーブン・キング原作のベストセラー小説を、デビッド・クローネンバーグが監督した作品。この作品に限っては、いつものクローネンバーグ節はなりを潜め、グロイ描写はありません。超能力を持ってしまった青年の悲劇を、静かに丁寧に描写し、何とも言えない味わいを残してくれます。

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★

スティーブン・キングの最も脂の乗り切った時代の小説です。サイズ的にもコンパクトで、読んだ人、誰をも夢中にさせるような愛すべき小説です。この時代のキングの小説は、どれも本当に素晴らしい。

クリストファー・ウォーケン演じる、田舎町の青年教師ジョン・スミス。名前のとおり、平凡で愛すべき青年です。結婚間近の婚約者もいます。その青年に、悲劇が襲い掛かります。突然の交通事故で入院。辛うじて命は取りとめたものの、昏睡状態が五年も続くのです。

五年の昏睡の後に覚醒たジョンの世界は、全てが変わってしまいました。婚約者は、すでに他の男と結婚。ジョンの事故が原因で、両親も少し変な具合になってしまいます。そのうえ、ジョンには、手に触れた他人の過去や未来を透視する能力が身についてしまったのです。屈託の無かったジョンの顔には、次第に陰がさす様になります。

やがてジョンは、自分の超能力を使って、人助けをするようになります。

ジョンの住む町で発生した、女子大生連続殺人事件の捜査に協力することになりますが、事件の捜査の中で、ジョン自らも負傷を負ってしまいます。

クリストファー・ウォーケンが、平凡で哀しい、愛すべき青年をとても良く演じています。とくに、他人の妻になった、かつての婚約者が訪ねてくる場面は心に残ります。互いにどうする事もできない事を確認しあった、かつての恋人たちが別れる時。彼女を玄関から優しく送り出したジョンは、玄関の扉をそっと閉めた後、その扉にもたれかかって声も無く哭くのです。クリストファー・ウォーケンならではの、とても絵になる美しいシーンです。

やがてスティルソンという、大統領候補が国中を席巻するようになり、ジョンの町でも演説を行うことになります。なんとスティルソンの選挙活動には、ジョンのかつての恋人が加わっているのです。そして、演説に来たスティルソンと握手をした瞬間、超能力はジョンに全てを伝えてしまいます。

人間には知ることの出来ない未来を、望んだわけでもないのに知ってしまったジョンは、ついにある決心をするのです。

映画も小説も両方すばらしいです。映画はクリストファー・ウォーケンの演技と、全編を通して寒々しい、冷たいトーンが秀抜。小説は、映画には入れられなかった、細かいエピソードを愉しむ事ができます。ぜひ両方とも味わっていただきたいです。



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


この作品を基にした、テレビの人気シリーズもあります。



テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。