プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

ロングテール研究所
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
             
ロングテール研究所では、採り上げる作品を以下の様にロングテール度とお奨め度の二つの指標で紹介しています。お奨めでない作品は、基本的に取り上げないつもりです。

ロングテール度:★(誰もが知っている)、★★(殆どの人が聞いたことがある)、★★★(聞いた事があるような・・・)、★★★★(知っている人はめったにいない)、★★★★★(誰も知らない)  ・・・サンプルはこちら

お奨め度:★(もしご興味があれば)、★★(お奨め、でも人によっては・・・?)、★★★(観る価値あります)、★★★★(機会があれば是非!)、★★★★★(探してでも観て!)


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大陸横断超特急」 懐かしいヒッチコックタッチのコメディ
アメリカ大陸を横断し、シカゴに向かう列車に乗り合わせた主人公ジーン・ワイルダー。
車内で美女と知り合い、殺人事件に巻き込まれ…。

ロングテール度:★★★★
お奨め度:★★

まさにヒッチコックそのものという展開。ですが、基本的にコメディです。娯楽映画のエッセンスを詰め込んで、どろどろに煮詰めたような映画。

とても楽しめました。公開時には、劇場で何度も観たのをおぼえています。

列車を舞台にしたサスペンス劇のくせに、なぜか主人公は、乗っても乗っても列車から振り落とされてしまうという、シュールな展開に笑わされます。

才人コリン・ヒギンズの脚本の力でしょう。 そして、コリン・ヒギンズと言えばなんと言っても「ファール・プレイ」です。これもぜひもう一度観てみたい!

「大陸横断超特急」は公開時にはパニック映画として宣伝されていました。
というのは、ラストで列車がシカゴ駅に猛スピードで突っ込むというトンでもないシーンがあるためです。鉄の固まりが、コンクリートの壁を突き破って、柱を破壊しまくって逃げ惑う人の間を突き抜けていくのを、超スローモーションで撮影したこの凄まじいシーン。
なにもここまでやらなくても、とあっけにとられてしまいます。

でも、このシーンはあくまでオマケで、この映画の本質はヒッチコックタッチの気楽なコメディ映画。今観ても、きっと楽しめると思います。

この映画、監督がアーサー・ヒラーだったんですね。
実はつい最近、はじめて「ある愛の詩」を観ました。今では「ゴッドファーザー」の影に隠れてしまった感もありますが、70年代前半を代表する大ヒット映画です。

実は、ケッ!白血病?

と馬鹿にしていて今まで観なかったんですが…。ううん、まともな映画じゃないですか!
アーサー・ヒラー監督、なかなかやりますね。
舐めてて悪かったよ!!!



スポンサーサイト
「鉄塔武蔵野線」 こんな小説あるの!
銀林みのる著、「鉄塔武蔵野線」。第六回日本ファンタジーノベル大賞受賞作です。
鉄塔ものというジャンルを開拓したとまで云われる怪作。しかし、そのジャンルで続く作品はまだ現われません。

ロングテール度:★★★★
お奨め度:★★★

武蔵野線といっても、東京の外縁を四時間かけて週るJRの電車ではありません。武蔵野線とは、高圧線の鉄塔のこと。夏休みのある日、5年生の美晴は、近所の鉄塔に「武蔵野線75-1」という票が付いているのを発見します。ひとつ隣の鉄塔は「76」。反対側の隣の鉄塔は「74」。この大発見に胸を躍らせた美晴は、2歳下のアキラと自転車に乗って、武蔵野線を辿る冒険旅行に出発します。鉄塔を順番に辿って「1」まで行く。そして「1」番鉄塔の地下には原子力発電所があるはずだ、と。

誰にでも憶えるのある、夏休みのあの日を思い出す、素晴らしいファンタジーです。

美晴とアキラは、鉄塔をひとつ辿るごとに、その鉄塔の脚で囲まれた四角い接地面の「結界」に入り、その中心に宝物である酒蓋(日本酒の壜の蓋のこと)をひとつずつ埋めていきます。

いつの間にか近所を離れ、知らない町に入るふたり。鉄塔に対する美晴のうんちくが、とても面白いです。「男鉄塔」「女鉄塔」「姐ちゃん鉄塔」「ばあちゃん鉄塔」などと、鉄塔の特徴をとらえてカテゴライズしていきます。鉄塔「武蔵野線」は実在する東京電力の送電線で、埼玉県新座市から東京の西東京市(保谷市)を結びます。この小説には、美晴とアキラが眼にする全ての鉄塔の写真が掲載されており、「オオ、これが女鉄塔か」と小学生の二人といっしょになって愉しむ事ができます。

やがてアキラとも別れひとりになり、ついに一夜を明かし、川を超える美晴。1番鉄塔がいよいよ近くなる。そんな美晴の背後には、鉄塔警察の手が…。

「鉄塔武蔵野線」がファンタジー大賞を取ったときの模様が、「文学賞メッタ斬り!」に紹介されていました。なかなか笑えます。



★ 「鉄塔武蔵野線」は映画化されました。私は見た事ないのですが、一度見てみたいと思っています。
「ライアー」 あなたはだまされる
1997年のアメリカ映画「ライアー」。ジョナス&ジュシュ・ペイント監督。ティム・ロス、レネー・ゼルウィガー出演。ポリグラフを使った、取調室における三人の男の密室ドラマ。三人とは、

ウェイランド:29歳。IQ151。プリンストン大学心理学主席卒業。大富豪の息子。
ケネソウ:44歳。IQ122。ノース・カロライナ大心理学部卒。嘘発見器歴1500件。自白率92%。
プラクストン:33歳。IQ102。レークモント高校卒。157人中125番。スーパーの警備員を経て警察。

だそうです。

ロングテール度:★★★★
お奨め度:すみません。評価できません。


[READ MORE...]
「ブルーベルベット」 デビッド・リンチの描く原色の悪夢
デビッド・リンチの代表作として「ブルーベルベット」を採り上げたいと思います。

ロングテール度:★★★★
お奨め度:★★★★

私は大好きな映画なので、お奨め度に★五つ上げたいのですが、誰にも薦めるには無理のある内容なので、四つに留めようと思います。

一度観たら、その甘美な世界に囚れて、脱けられなくなるような作品です。この映画を一言で表すと、グロテスク。裏庭で大きな石を引っくり返したら、湿った裏側に気持ち悪い蟲がうじゃうじゃいるのを見付けたような感じです。



[READ MORE...]
「九月が永遠に続けば」 天才作家のデビュー作
平静16年度、ホラーサスペンス大賞受賞作。沼田まほかる、「九月が永遠に続けば」。
桐野夏生、綾辻行人、唯川恵ら、実力作家に絶讃されてのデビュー作です。最近読んだ中では、トップクラスの面白さでした。とてもデビュー作とは思えません。天才っているんですね。

ロングテール度:★★★★
お奨め度:★★★★

[READ MORE...]

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。