プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

ロングテール研究所
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
             
ロングテール研究所では、採り上げる作品を以下の様にロングテール度とお奨め度の二つの指標で紹介しています。お奨めでない作品は、基本的に取り上げないつもりです。

ロングテール度:★(誰もが知っている)、★★(殆どの人が聞いたことがある)、★★★(聞いた事があるような・・・)、★★★★(知っている人はめったにいない)、★★★★★(誰も知らない)  ・・・サンプルはこちら

お奨め度:★(もしご興味があれば)、★★(お奨め、でも人によっては・・・?)、★★★(観る価値あります)、★★★★(機会があれば是非!)、★★★★★(探してでも観て!)


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Real Secrets Of Magic -- David Stone
映画ではありません。フランス人マジシャンのデビッド・ストーン氏によるマジックレクチャーのDVDです。
しかも、内容は極めて専門的。プロフェッショナル・マジシャン(職業としてマジックを演じる人)に向けたハウ・トゥーが収められたものです。言語はフランス語と英語のみで日本語は入っていません。当然、一般向けではありません。一般どころかアマチュア・マジシャンでも必要ないと思われるようなノウ・ハウ(たとえば観客にチップを出させる方法)が開陳されています。むろん普通のルートでは入手できませんし、アマゾンからも購入できません。ではなぜそんな物を紹介するかというと、驚くべきことにこの作品がエンターテインメントとしても非常に高い完成度をほこっているからです。マジックとは縁もゆかりもない一般人をも面白がらせてしまう実用DVD。まさに究極のエンターテインメントだと思います。まずは、証拠を御覧にいれましょう。

BiTE ME

「アッ」と言ってしまったのではないでしょうか?はじめてこれを見たとき、わたしもビックリしました。そしてしばらく考えてみると、そのビックリの内容に非常に複雑な構造があることが見えてきます。まず、ストーン氏の華麗なパフォーマンスにより純粋に驚かされす。つぎに、良く考えてみるとこの映像がパフォーマンスというよりも「種明かし」の映像だったことに気づきます。一番最初に堂々と仕掛けを見せているにも係わらず、最後にやはり驚かされてしまう。マジックにおける種明かしという説明の部分さえも立派なエンターテインメントにしてしまうところに感動しました。

そして最後にこの映像がマジックレクチャーDVDのプロモーション動画だという事を思い出します。世にマジックレクチャーDVDというものは沢山ありますが、「種明かし」というものは当然その中心部分です。DVDを買う人は種が知りたいからお金を出します。ですから「種明かし」の部分はお客さんが購入して初めて観る事ができる秘密の部分。一部とはいえその「種明かし」をプロモーション動画で見せてしまうというところに本当にビックリしました。

ここまでビックリさせた後、はじめてこのDVDの本当のテーマ、「The Real Secrets Of Magic」に気づきます。「マジックの本当の秘密は、種明かしではないんですよ!」 デビッド・ストーン氏の声が聴こえてきそうです。いわゆる種というのはマジックの中の10%程度。残りの90%の種以外の部分の方が遥かに重要なのだという事をこのDVDは教えてくれます。なにせあれだけ堂々と仕掛けを見せているにも係わらず観客を愉しませる事が可能なのですから。ストーン氏の表情、仕草、セリフ、間のとりかたなど、たった一つの種をとりまく演技の部分こそに価値があるわけですね。

このDVDには全部で19個のマジックが説明されています。残念ながら素人が簡単に真似できるものではありません。(エルムズレイ・カウント、アスカニオ・スプレッド、テンカイ・パームなどの技法が説明抜きで出てきます)アマチュアでも中級以上でないと苦しいでしょう。

この内容がプロ向けのものである事は19のマジックの分類からも窺えます。ふつうこの手のDVDでは、マジックの分類として「カード」「コイン」「ロープ」など種類による分類や、「初級」「中級」「上級」など難しさによる分類がなされるのですが、なんとこのDVDにおける分類は「レストラン」と「カクテルパーティー」。この二つはプロマジシャンの主要な仕事場で、レストランではテーブル・ホッピングと言ってマジシャンが二三のマジックを見せながら各テーブルを廻ります。カクテルパーティーでは、そこここで立ち話をしている人の間をマジックをしながら廻っていくのです。そしてこの二つの場では、適したマジックも違うものになるということなのでしょうが、素人には知る由もありません。こんな事を書くと、また難しい内容を想像してしまうかもしれませんが、そんなことはありません。もうひとつ、このDVDの魅力を伝える映像を紹介しましょう。

プロマジシャンのルール

ロングテール度:★★★★★
お奨め度:★★★

普通のお店では入手できません。手品の専門店などで購入できます。

スポンサーサイト
「爆発の臨界」 田中光二の懐かしい国産冒険小説
今日、本屋を覗くと、文庫本の古書がならんでいました。その中で見つけたのが、田中光二さんのいくつかの作品でした。なつかしくて、「大いなる逃亡」「失われたものの伝説」を買ってしまいました。いちばん欲しかった「白熱:デッドヒート」は残念ながら見つけられませんでした。今回は、昔読んだ「爆発の臨界」を紹介しようと思います。

「爆発の臨界」は、田中光二さんの冒険小説です。国産冒険小説の走りのような作品です。読んだのは三十年ちかく前でしょうか。今、手に入れるのは難しいかもしれません。

ロングテール度:★★★★★
お奨め度:★★★

当時の日本には、まだ冒険小説というジャンルが確立されていなくて、スケールの大きいエンターテインメント小説を読むには、海外の翻訳本を猟らなければならない状況でした。

そんな中、数少ない冒険小説を書いていたのが、若きSF作家だった田中光二さん。SF出身だけあって、着想が非凡でスケールの大きいエンターテインメントを書いてくれていました。「爆発の臨界」は、代表作のひとつでしょう。「東京湾炎上」というタイトルで映画化もされました。今読んでも十分に通用する作品と思います。いや、むしろ時代を先取りしすぎた作品だったかもしれません。

石油を満載したタンカーが、東京湾のど真ん中でテロリストにシージャックされるというのがメインストーリー。彼らは、鹿児島の石油基地を爆破するよう政府を脅迫する。従わない場合は、東京湾の真ん中でタンカーを爆破するという。生態系が破壊され、湾岸一帯が死の街となる。

数年後になって、フレデリック・フォーサイスが「悪魔の選択」で、石油タンカーのシージャックを扱いましたが、先に「爆発の臨界」を読んでいた私には、なんだか二番煎じくさく感じられてしょうがなかった。面白さも迫力も「爆発の臨界」の方が勝っていたと思います。田中さんは、もし東京湾の真ん中で石油タンカーが爆破されたらどうなるかという詳細なシミュレーションを小説の中で展開してくれました。当時、エコロジー的な発想はまだあまりなかったので、そのシミュレーションの迫力には圧倒されたものでした。

この小説、力で押し切るだけじゃなく、着想にもいろいろ面白い点があります。シージャックに対抗する政府は、なんと映画の特撮マンを集めて、特撮を使ったニュースの実況中継を行い、テロリストを瞞そうとするのです。現実味があるかどうかは別として、サスペンスもあるし、小説としてはとても面白かったです。

さらにクライマックスとして、田中さんは、タンカーの石油槽の底に落下した時限爆弾を、潜水服に身を包んだ主人公が回収に行くというシーンを用意しています。いつ爆発するか分からない爆弾を探しに、まっ黒な石油の海にダイブする主人公。こんな、オリジナルで恐ろしいクライマックスは読んだ事がありません。自身の恐怖と闘いながら、石油の海を降下して行く主人公とともにハラハラする、まさに冒険小説らしいクライマックス。至高の読書体験でした。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


「四季 ~ユートピアノ~」 奇跡のテレビドラマ

一歳、母のミシンの音を聴いた。
二歳、父の靴音を聴いた。
三歳、旧いレコードを聴いた。
四歳、兄とピアノを見た。大きなピアノだった。
さわるとダイヤのような音が おなかの中に響いた。



今回、とりあげるのは、「四季 ~ユートピアノ~」。1980年にNHKで放映されたテレビドラマです。中尾幸世主演、佐々木昭一郎演出。そのあまりの芸術性の高さに、一部で非常に話題になりました。

shiki.jpg


このドラマを見たときは本当に驚きました。あまりのクオリティーの高さとオリジナリティに、今見たのは何だったんだろうと、わが目が信じられない思いでした。ドラマでもなく、ドキュメンタリーでもなく、こんな映像世界はそれまで見た事がなかった。まさに映像で綴る詩という呼び方がぴったりの作品です。視聴者がテレビドラマに期待する水準を遥かに超える映像作品でした。

全編にあふれる美しい映像と音楽。詩の朗読。夢とも現実ともつかぬ物語り。
当時、美大生だった中尾幸代さんの、演技とも素ともつかないパフォーマンスに魅せられました。あまりの好評に、海外を舞台にした続編もいくつか作られました。

中尾幸代さんのファンサイトによると、彼女は現在でも朗読などの活動を続けているそうです。

大分前に、NHKからビデオを購入しました。もう何年も観ていなかったので、そろそろもう一度観てみたくなりました。

ロングテール度:★★★★★
お奨め度:★★★★★



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


[READ MORE...]

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

「未知への飛行」 誤った核攻撃命令
前回の「合衆国最後の日」に続いて、ハードサスペンス、ポリティカルサスペンスの傑作「未知への飛行」の紹介です。合衆国大統領が主要な役で出ていて、核兵器がテーマになっているところもよく似ています。「未知への飛行」は、1964年の白黒映画。監督は名匠シドニー・ルメットです。なぜか長いことお蔵入りになっていて、日本で公開されたのは1982年になってからでした。

ロングテール度:★★★★★
お奨め度:★★★★

物語は、「博士の異常な愛情」と同様の設定で、誤った核攻撃命令が戦闘機部隊に出され、実際にモスクワ攻撃に向かった戦闘機を、如何にして止めるかと大統領たちが四苦八苦する話です。

密室ドラマが作品の殆どを占めていて、白黒の濃厚な映像に伴い、息苦しくなるようなサスペンスが続きます。「博士の異常な愛情」がブラック・コメディーだったのに対し、こちらは真正面からのサスペンスなので、話は似ていますが映画から受ける印象はかなり異なります。

戦闘機がモスクワに近づくにつれ、次々と手が失くなり、残された手段は次第に過激なものになって行きます。この映画、最後はいったいどうなるんだろうと、椅子に釘付けになります。しかし、全ての手は無効に終わり、追詰められた大統領(ヘンリー・フォンダ)が最後に取った手とは?

密室のディスカッションドラマとしては、同じルメット監督の「12人の怒れる男」と似たところがあります。シドニー・ルメットはこう云うのが得意なんでしょうね。どちらも、道具立ては限定されているだけに、息苦しくなるようなサスペンスが味わえます。




にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)

「合理的な疑い」「採用できない証拠」 リーガルミステリーの傑作
今回お薦めするのは、リーガル・ミステリー二作です。

フィリップ・フリードマンの「合理的な疑い」と「採用できない証拠」。

この本、本当に売れなかったみたいですね。「合理的な疑い」の方は、それなりに話題になったしベストテンでも取り上げられました。しかし、その続編の「採用できない証拠」の方は、鼻もひっかけてもらえませんでした。どちらも、あれほど面白い小説なのに。わたしが読んだリーガル・ミステリーの中では、間違いなく最高の二作でした。(そもそもJ.グリシャムとか、面白いと感じた事ないです)

ロングテール度:★★★★★
お奨め度:★★★★★

「合理的な疑い」は、息子を殺した犯人である息子の妻の弁護を、その義父である弁護士が引き受けるという、ちょっとセンセーショナルな設定に魅かれて読み始めたものです。しかし、読み進むうちに、ベタな設定などどうでも良くなり、法廷闘争の面白さに夢中になりました。読み終わった後は、フルコースのこってりとした料理を食べたときのような満足感にひたることができました。

あの時の、面白さを再び味わいたいと思っていたときに出たのが、続編の「採用できない証拠」です。こちらは文庫本上下併せて1200ページ。前半の600ページが事件とその捜査。そして後半の600ページが全て法廷場面というもの。著者も、「合理的な疑い」のセンセーショナルな設定のような、ケレンは一切捨てて、事件もミステリーとしては地味でどうってことないモノです。全てを、純粋に法廷の面白さのみに賭けようという、著者の意気込みが伝わってきます。

結果、凄まじい迫力の法廷小説が生れました。読んでいて、これ以上ないというほどの満足感を得られました。法廷場面の面白さに頭から足の先までどっぷりと漬かった一週間でした。「採用できない証拠」は、ミステリーというよりは裁判小説です。そのためミステリーのような、真相の究明もありません。判決は出るものの、真実なにが起ったのかは最後まで読んでも誰にも分かりません。法廷というものの持つ興奮を純粋培養したような小説です。この小説の、判決の出る場面ほど、読んでいてドキドキしたことはありませんでした。

でも、こう云う小説って、やっぱり売れなかったみたいですね。




にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)



テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。