プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

「冒険者たち」 もっとも愛されたフランス映画http://longtailer.blog96.fc2.com/blog-entry-31.html">「冒険者たち」 もっとも愛されたフランス映画
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冒険者たち」 もっとも愛されたフランス映画
わたしは青春映画というと、まず「冒険者たち」を連想します。昔はそういう人が多かった。ちまたには「冒険者たち」が大好きと言う人がごろごろいました。最近はあまり聞かないように思うのですが、今はどうなんでしょう。

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★★

アラン・ドロン、リノ・バンチュラ、そしてジョアンナ・シムカスのレティシア。フランソア・ドルーペの音楽と共に、彼ら三人の姿は、永遠に胸の中で生きています。

アフリカ沖の海の蒼さと、その中にゆっくりと沈んでいくレティシアの姿は忘れられません。飛行機、レース、芸術と、それぞれの冒険を追いかけた三人は、非常に透明で清潔感に溢れています。ぎらぎらした所の全く感じられない、ある種理想化された青春像なのでしょう。

友情と愛情の中間あたりで、微妙な均衡をもってしまった彼ら三人の独特の関係は、映画史上でも他にないんじゃないでしょうか?なんとも説明しがたい、透明な空気が常に三人を取巻いています。

夢破れた三人はアフリカ沖で財宝探しを目指しますが、この付近から悲劇の予感が漂いはじめます。

原作は、ジョゼ・ジョバンニの「生き残った者の掟」。読んだ事はないのですが、大分雰囲気がちがうのでは、と想像します。

後半、次々に悲劇が襲い掛かります。何よりも貴重だった三人の関係は、儚くも消え去り、残されたものの嘆きは、そのまま青春へのレクイエムとなります。



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)

スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

映画に疎いツミコです(≧▽≦)

Google AdSense、Myアフィリエイト、LinkShare審査通過おめでとうございます!!!
すごーーい!!Gは本当に使えますので、大切に活用していってください。
頑張って~~!応援です。
(*'-')σ!!
【2008/03/25 22:40】 URL | ツミコ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://longtailer.blog96.fc2.com/tb.php/31-f4175256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。