プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

「マラソンマン」 レクター博士も逃げ出す、白い天使!http://longtailer.blog96.fc2.com/blog-entry-38.html">「マラソンマン」 レクター博士も逃げ出す、白い天使!
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マラソンマン」 レクター博士も逃げ出す、白い天使!
ダスティン・ホフマン主演、ジョン・シュレシンジャー監督の「マラソンマン」。

「羊たちの沈黙」以来、怪物的悪役と言えば、アンソニー・ホプキンスのハンニバル・レクター博士になってしまいました。しかし、この映画が公開される前までは、怪物的悪役の代名詞と言えば、「マラソンマン」でローレンス・オリビエが演じた、白い天使ことクリスチャン・ゼルでした。

「マラソンマン」は、良くできたサスペンスで、見処も多い映画ですが、やはりその白眉と言えばローレンス・オリビエの演技だったでしょう。白髪のローレンス・オリビエが、Is it safe? と言いながら、ダスティン・ホフマンに拷問を加えるシーンは映画史上に残る悪夢のようなシーンです。とても正視できません。あのダスティン・ホフマンのような目にだけは遭いたくないと、誰もが思ったはずです。

whiteangel.jpg


ひどい眼に遭うのは、ダスティン・ホフマンだけではありません。映画の後半で、今度はローレンス・オリビエが悪夢のような眼に遭います。

ナチスの逃亡者であるオリビエは、ニューヨークのユダヤ人街にある宝石商に行かなければなりません。オリビエの周りはユダヤ人だらけです。一刻も早くその場を立ち去りたい状況です。ところが、道路の反対側で一人の老婆が、「ゼルよ。クリスチャン・ゼルよ。白い天使があるいている……」とこちらを指差して騒いでいます。周りのユダヤ人たちは、何だ何だと老婆の方に注意を向けます。まずい事になったぞ、とばかりオリビエは足を速めますが、あくまで外見は平静を装っています。老婆は相変わらず「白い天使が、白い天使が」と騒いでいます。それにつられて何人かのユダヤ人が次第にオリビエの方に注意を向けるようになります。いやでも緊迫感の高まるシーンです。あと一歩でユダヤ人街から脱けられるという時に、オリビエはひとりのユダヤ人に腕を掴まれます。「見つけたぞ、この悪魔め!」そこで、電光石火、振り向いたオリビエがとった行動とは。

悪魔です。白い天使、怖すぎます。

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★



◆ウィリアム・ゴールドマンの原作小説も、併せてお奨めします。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

また来ました。笑
マラソンマン、おもしろそうですね。
ダスティン・ホフマンが若い!
この映画はわたしもずっと見たいと思ってずいぶんレンタルビデオやさんを
探しました。
DVD時代以前の話です。
小説もいっしょに探していたのですが本というものは
今はベストセラー以外は注文しないと手に入らないものですよね。
早速注文しました。
わくわくしています。
ご紹介ありがとうございます。
【2008/04/02 09:21】 URL | white_zinnia(penpen) #ZNkQllYk [ 編集]


訪問履歴から。
訪問どうも&初コメです

なんかもうマラソンマンっていうタイトルだけで
見たいって気になってしまった・・・
見る機会ないんだろうけどさw
【2008/04/02 12:14】 URL | サファイア #- [ 編集]


white_zinniaさん。いつも来ていただいてありがとうございます。
わたしが紹介した作品をお求めいただけるなんて感激です。ありがとうございました。ケレン味いっぱいの傑作サスペンス。娯しんでいただけると思います。でも、白い天使は、本当に怖いですよ!

「マラソンマン」の原作も、長らく入手できなかったのですが、なぜか数年前に文庫で再出版されました。ウィリアム・ゴールドマンの作品は、どうも日本では人気がでないようです。もっと読みたい作品が沢山あるのに・・・・・・。ファンのわたしとしては、残念なところです。

またよろしくお願いします。
【2008/04/02 22:19】 URL | ロングテーラー #- [ 編集]


サファイアさん。ご訪問&コメントありがとうございました。
このブログでは、人に知られてはいないけど、面白い映画を発掘してお奨めしています。もし気に入っていただけたら、また遊びに来てください。
【2008/04/02 22:21】 URL | ロングテーラー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://longtailer.blog96.fc2.com/tb.php/38-a6fe8554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。