プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

ロングテール度:★★★「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」http://longtailer.blog96.fc2.com/blog-entry-4.html">ロングテール度:★★★「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングテール度:★★★「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」
ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★★

ロングテール度★★★は、誰もが知ってるわけではないが、すでにコアなファンを獲得した作品。マニアの間で評価の定まった作品です。「まぼろしの市街戦」「シベールの日曜日」なんかが、このあたりのイメージです。

今回取り上げるのは、クレヨンしんちゃん「オトナ帝国」です。知ってる人は納得していただけるでしょう。知らない人は、なんじゃそれ、でしょうね。なんでクレヨンしんちゃん?

公開当時、大人を泣かせるアニメとして話題になりました。子供づれで見に行って、油断していたお父さんの方がやられてしまった。しんちゃんがジブリを超えたと言われる作品です。本当にいい映画です。

この作品、非常に意識的に作られています。子供と一緒に見ていると、大人と子供は、一つの作品の中に違う物語を見るようになっています。開巻早々、ある年代から上の観客が自動的に反応してしまうような「記号」が、作品の中に次々と現われます。私達はいつしかその「記号」の流れを追いかけるようになり、気がつくとこの作品の中に取り込まれています。

特に悪役の造形が際立っています。子供アニメにあるまじき、複雑な性格をもった悪役。やろうとしている事は世界制服などという現実離れした事なのに、その悪役の語る「悪の哲学」は、大の大人が思わずぐらりと吸い込まれるほど魅惑的です。このあたりで作者の術中に、完全にはまってしまいます。

何度も、涙でスクリーンが見えなくなります。

あとは、子供と一緒になって、しんちゃんを応援しましょう。

子供を含む何組かの家族で、スキーや旅行などに行ったとき、夕食の後などに「クレヨンしんちゃん見たい人」などと言って子供を集めて、このDVDを映します。はじめはテレビの前に居るのは子供だけ。しかし、「記号」に反応した大人が次第に子供たちの後ろに集まってきます。そして気がついてみると、子供そっちのけで大人が夢中になっているはず!この作品を持ってきたあなたは、みんなの中で少しだけ男を上げたかも?


スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://longtailer.blog96.fc2.com/tb.php/4-9188e7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。