プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

「冷たい方程式」 SFの古典的名作http://longtailer.blog96.fc2.com/blog-entry-73.html">「冷たい方程式」 SFの古典的名作
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冷たい方程式」 SFの古典的名作
トム・ゴドウィンの「冷たい方程式」は、SFの古典的傑作短編小説です。SF好きの人なら、おそらく知らない人はいないでしょう。私は、ミステリー小説ファンなのですが、SF小説は興味はあるものの苦手です。名作といわれているSF小説を読んでも、何が面白いのかさっぱり分からなかったり、何よりも独特の世界観についていけない事が多いのです。実は、私のような人は結構多いんじゃないかな、とも思っています。SFが、映画では人気ジャンルなのにもかかわらず、小説だと普及しない原因は、こんなところにあるんじゃないかとも思っています。ですが、この「冷たい方程式」は、SFでありながら、そんなジャンルの壁を突き抜ける面白さを持った作品なのです。

ストーリーは単純です。片道ギリギリの燃料しか積んでいない宇宙船に、少女が密航者として紛れ込む。少女一人分の重量のせいで、このままの航行は不可能。たったひとつの解決は、ただちに少女を宇宙空間に船外投棄すること。さあ、あなたならこの方程式をどう解くか!


ロングテール度:★★
お奨め度:★★★★★

数十ページの短い小説ですが、一度読んだら一生忘れられない力強さを持っています。面白い小説の条件のひとつに、「もし自分だったらどうするだろう」と読者に考えさせることがあると思います。「冷たい方程式」の提示した問いは、まさにど真ん中。時代、文化を問わず、人間性の根源を揺さぶる問いなのだと思います。

主人公は、宇宙船のパイロット。ある惑星で伝染病が発生し、移民が全滅の危機にあります。主人公は、ただ一人でその惑星にワクチンを届ける任務に就いています。何事も無ければ簡単な任務なのですが、時間的な余裕はなく、到着が遅れれば移民に多くの犠牲者が発生します。主人公の宇宙船は、ギリギリ片道分の燃料しか搭載していなくて、途中から引き返すこともできません。航路の途中で、コンピューターが突如警告を発します。搭載加重オーバーで、このままでは惑星に辿り着くことは不可能。直ちに余計な積荷を投棄せよ。しかし、積荷のワクチンを投棄することなど出来ません。パイロットは、船内に密航者がいることを察知し、密航者の船外投棄を決意します。このような行為は、宇宙航行法上も認められた行為なのです。密航者の隠れている倉庫の扉を主人公が開けたとき、彼はそこに思わぬものを見つけます。彼の目の前で、十二歳くらいの美しい少女が「見つかっちゃったわ」と屈託なくわらっているのです。彼女は、数年前に別れたきりの兄が行き先の惑星にいるので、どうしても逢いたくなってしまい、後先考えずに密航してしまったと説明します。

この可憐な少女を密航者として船外投棄することなど、人間としてできる事ではありません。しかし、主人公の取る事のできる選択肢も、極めて限られたものしかないのです。どの行動を取れば最善なのか、彼は必死で考え悩みます。肝心の少女にも、残酷ですが全ての状況を説明しなければなりません。主人公にも少女にも、全ての情報があたえられた上で、彼らがどんな決断をするか。残された時間は、どんどん短くなっていきます。

この小説が載っているのは、SFのアンソロジー。他に、空中に浮かぶことのできる男を描いたアイザック・アシモフの作品が面白かったです。



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

おもしろそうです。
映画と小説のおもしろさもさることながら
ロングテールさんの紹介文が原作を上回るのではないかと
思えるほどおもしろいです。笑
どういう結末なのでしょうか。
わくわくします。
【2008/05/26 16:04】 URL | penpen「white_zinnia] #ZNkQllYk [ 編集]


penpenさん。コメントありがとうございます。
原作を上回るのではないかと思えるほど面白いですなんて
言ってもらえると、なんかうれしくなります。
ランキングがんばってください。応援しています。
【2008/05/26 22:26】 URL | ロングテーラー #- [ 編集]


どうもありがとうございます。
絵日記カテでは今、動画バナー作りが流行しているので
わたしもやってみましたが無理っぽいです。笑
半デジタル半アナログでがんばってみます。
【2008/05/27 16:59】 URL | penpen「white_zinnia] #ZNkQllYk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://longtailer.blog96.fc2.com/tb.php/73-5ee08d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。