プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

「レッドドラゴン」 レクター博士が登場する最初の事件http://longtailer.blog96.fc2.com/blog-entry-82.html">「レッドドラゴン」 レクター博士が登場する最初の事件
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レッドドラゴン」 レクター博士が登場する最初の事件
「レッドドラゴン」は、トマス・ハリスの原作、はじめてハンニバル・レクター博士が人々の前に登場したミステリーです。この作品を原作とした映画は二本あり、一つはマイケル・マン監督の「刑事グラハム 凍りついた欲望」、もう一つがブレット・ラトナー監督の「レッドドラゴン」です。後者は有名ですが、前者はほとんど知られていないと思います。

まず前者ですが、「刑事グラハム」というタイトルからして脱力です。まず主人公の名前はグラハムではなくグレアム。そして刑事ではなく、FBIの特別調査官(捜査官ではない)という二重のミスをおかしています。このタイトルを付けた日本の配給会社、この作品を売ろうという気がまったくなかった事がわかります。「刑事グラハム」が公開されたのが、「羊たちの沈黙」が公開される四年前にあたる1988年である事を考えるとしかたないかもしれません。当時、この映画に脇役で出てくるレクター博士なる人物(登場シーンは短い)が、これほどの有名人になるとは誰も思わなかったにちがいありません。

とはいえ、この「刑事グラハム」は、それほど悪い作品ではありません。地味ではありますが、この特異な作品をうまく映画化していると思います。

対して、「レッドドラゴン」は2003年の作品。アンソニー・ホプキンスのレクター博士で売り出そうとしているのが見え見えです。原作小説と比べても、レクター博士の出番が倍くらい大きくなっています。

ですが、この作品では、グレアム役にエドワード・ノートン、犯人のダラハイド役にレイフ・ファインズというクセのある俳優を揃えることで、レクター以外のドラマの部分もそれなりに良く出来ています。内容は原作にほぼ忠実で、長い原作を巧く整理してまとめていることが分かります。ラストシーンが原作とは少し異なりますが、ひねりを効かせた分、原作よりも面白いエンディングになったと思います。

私がトマス・ハリス原作の「レッドドラゴン」を読んだのは、1985年ごろだと思います。日本で原作の翻訳がハードカバーで出たときに読みました。やはり、脇役であるレクター博士の存在感が圧倒的で、作品全体の印象はうすれても、ハンニバル・レクターはよく憶えていました。

作品全体としてはというと、あまり印象に残ってはいませんでした。それだけに「羊たちに沈黙」があれだけヒットしたのには、意外な思いが強かったです。「レッドドラゴン」「羊たちの沈黙」というと、異常心理物の代表作のように言われるのですが、なぜこの作品だけが特別に取り上げられるのかという疑問も少し感じます。異常者による連続殺人事件を捜査官が追跡するという図式では、ローレンス・サンダースの「魔性の殺人」というすごい傑作があるのに、こちらは話題にもならないで絶版になってしまうというのにも疑問を感じます。

とはいえ、「レッドドラゴン」「羊たちの沈黙」までなら、映画、小説ともに満足のいく作品ではないかと思っています。

ロングテール度:★★
お奨め度:★★



* 「刑事グラハム」は、「レクター博士の沈黙」という題でDVD化されています。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

レクター博士はシリーズになっていたのですね。
知りませんでした。
映画はほんとうにPRでずいぶん違うのでしょうね。
思いがけずじわじわと評判になる事もありますが…。
【2008/06/24 16:11】 URL | penpen #ZNkQllYk [ 編集]


レクター博士のシリーズは、これ以外にも「ハンニバル」「ハンニバル・ライジング」が、映画、小説ともに出ています。ですが「ハンニバル」以降、どうも読む気も観る気もおきません。レクター博士は、ワキキャラだから良いような気がするのですが・・・・・・。
penpenさん、ブログ一位おめでとうございます。すごいですね。
【2008/06/25 23:42】 URL | ロングテーラー #- [ 編集]


マイケル・マンバージョンの方が好きです。変わってるとよく言われますけど(笑)
麻酔をしたトラをなでるシーンが妙にドキッとして印象に残っています。

応援ポチ
【2008/06/28 13:18】 URL | Whitedog #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://longtailer.blog96.fc2.com/tb.php/82-9563c2c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。