プロフィール

ロングテーラー

Author:ロングテーラー
職業:会社員
家族:妻、子供(二人)
趣味:映画、小説、裁判

最近の記事

最近のコメント

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスカウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア



MoMAオンラインストアジャパン

「隣の家の少女」 読んだらきっと後悔します!http://longtailer.blog96.fc2.com/blog-entry-83.html">「隣の家の少女」 読んだらきっと後悔します!
誰も知らないお奨め映画『ロングテールムービー』を発掘する【ロングテール研究所】
    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「隣の家の少女」 読んだらきっと後悔します!
ジャック・ケッチャムの代表作。「隣の家の少女」

ロングテール度:★★★
お奨め度:★★★★

お奨め度が★四つだからといって、うかつに手を出さないでくださいね。読んだら絶対後悔します。請合います。本当は★五つでもいいんですが、そんな意味で一つマイナスしました(そんなのばっかり!)。

アマゾンの読者の書評欄などを見ると、あれだけ警告されているにも係わらずこの本に手を出してしまった人たちの慟哭の声が連なっています。まさに死屍累々ですね。

ジャック・ケッチャム。読んだのは三作だけですが、どれも素晴らしいです。スティーブン・キングと同じくらい素晴らしい小説です。(だけど、書いていい事と悪い事がありますよね、たぶん)内容が内容だけに、次から次へとうかつに手を出せない作家です。まだ読んでいない作品はたくさんあるので、その意味ではうれしいんですが、読むときは心して掛からねばなりません。

また、扶桑社ミステリー文庫の表紙が素晴らしいです。この作品といい、「オフシーズン」といい、あの表紙をみて、(あと「隣の家の少女」という題名をみて)誰がこの内容を想像するでしょうか?だけど、読み終った後で、しげしげとこのシンプルで物悲しいデザインの表紙を見てみると、なんだかしっくりくるので不思議です。あの「オフシーズン」でさえ、なんとも美しい表紙が映えて見えるのですよね。

「隣の家の少女」を読んだときから、ほんとうは誰かにこの本を読ませてみたくてしかたないのです。そしてその人がどうなるのか観察してみたい。さすがに出来ませんけどね。読書好きの友人に、何にも言わずにこの本を薦めたらどうなるでしょうか。次に会った時、口きいてもらえるか心配です。

巻末に、スティーブン・キングの長い解説が付いています。あいかららず、やや饒舌に、興奮気味にケッチャムのすばらしさ(キングの言うところの素晴らしさです、あくまでも)を訴えています。ジャック・ケッチャムといい、ジム・トンプソンといい、キングのほめる作品は凄いのが多いです。そしてとっても毒があって、悪趣味です。わたしは大好きですが・・・。



にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキングバナー(小)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こ、こわいです。
そんな恐ろしい本があるのですか?!
わたしはホラーは超苦手なのですが、
う、どうしよう…。
心が引き裂かれます。
【2008/06/28 16:38】 URL | penpen #ZNkQllYk [ 編集]


スティーブン・キング同様、すごくいい小説だと思うのですが、
内容が内容だけに、これだけはお薦めしかねます。
キングが「陽」なのに対して、ケッチャムは明らかに「陰」なのです。
【2008/06/29 23:25】 URL | ロングテーラー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://longtailer.blog96.fc2.com/tb.php/83-bccdd8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レゲ

騙されちゃった… 玉手箱【2008/06/28 00:59】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。